岩手競馬を愉しむブログ【拾って繋いで】

盛岡市在住・てるのアマチュア予想など盛りだくさん!岩手競馬を愉しむB級ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛岡・映画館通りに場外売り場開設

 盛岡市街に場外売り場が設置されましたが、9日から発売開始となります。大通りで買い物がてら、一勝負いかがですか?

 さて、今週は「ダービーウィーク」と題して、各地でダービー競走が行われてきましたが、いよいよ今週末の「岩手ダービー・ダイヤモンドカップ」でいよいよフィナーレを迎えます。今年から盛岡に舞台を移して行われますが、ややメンバーが手薄かと。個人的には、ダービーと冠するくらいなのだから、もう少し賞金を上げてもいいのではと思うのですが、皆さんいかがでしょうか?

 今回はこちらの予想と、土曜メイン「ガーベラ賞」の予想をしていこうと思います。

-----------------------------------------------------------------

<ガーベラ賞>
◎ボスアミーゴ
→JRAで揉まれてきた芝経験と、前走の久々のダート千八でハルサンヒコ以下を封じ、ここでは力が一枚上手
○シュクジャンヌ
→3歳牝馬路線を歩んできた1頭。輸送の無い地元盛岡戦はプラス材料。格上位で対抗。
▲サイレントステージ
→昨年ジュニアグランプリでボスアミーゴの3着と好走。芝適正と中3週のローテーションで好材料。
△マツノメガミ
→自分のペースに持ち込めると思わぬ好走も。展開次第では怖い1頭。

<岩手ダービー・ダイヤモンドカップ>
◎マツリダワルツ
→長くいい脚が使える点で魅力。直線坂下から先行勢をまとめて差し切る。
○セイントセーリング
→先行もしくは好位からの競馬でそのまま押し切れるかどうか。格上位。
▲ハルサンヒコ
→安定感なら◎。距離延長も対応できそう。逆転も。
△ワクワクヨークン
→おそらく差す競馬になりそう。仕掛けのタイミングが鍵か。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。