岩手競馬を愉しむブログ【拾って繋いで】

盛岡市在住・てるのアマチュア予想など盛りだくさん!岩手競馬を愉しむB級ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はダブルメインの2鞍で勝負

 当日になりましたが、本日の盛岡の予想をまとめておきます。

<東北産馬の南部杯、FT銀河賞>
◎ブチカマシ
○ヘライカントリー
▲ブラックオーメン
△セイト
☆トーホクスワロー
→JRA条件交流にめっぽう強い鞍上が魅力のブチカマシを追いかけてみたい。ヘライカントリー・ブラックオーメンの「ゴールデンコンビ」は、この2頭で連軸。安定感のあるセイトは決め手の面で1枚落ちる。上がり馬で3歳馬のトーホクスワローは3走前(盛岡開催の前走)良馬場D1400で好タイム・1分26秒8をマーク。1ハロン伸びて、ここも突き抜ければオープンも見えてくる。こういう馬が出世すると競馬が面白くなる。

<電撃の5ハロン、八幡平賞>
◎トキオパーフェクト
○コスモアテナ
▲プリズンガール
△ブラックナイト
☆エアセイレン
→大ベテランのトキオパーフェクトを指名。2連勝で調子が上向いてきたコスモアテナは内枠を利して粘りこめるかがポイント。夏の盛岡開催ではD1400で好タイムを立て続けにマークしているプリズンガールにも勝機は十分にある。メンバー構成から展開はハイペースになると踏み、差し馬ブラックナイトの出番もあると見た。テン乗りの菅原勲騎手はエアセイレンでどう乗るか注目したい。
スポンサーサイト

南部杯リレーコラム「盛岡・てるのトーホウエンペラーとの思い出を辿る」

 南部杯まであと1ヶ月を切りましたが、岩手競馬サポーターズネットの企画の1つであるリレーコラム「南部杯優駿伝説」に私のコラムが載りましたので是非ご覧ください。なお、掲載されている写真は全国学生愛馬会から提供していただいたものです。ありがとうございます。

<ここからコラム>
 みなさんこんにちは。南部杯まであと1ヶ月を切り、地元・岩手競馬も徐々にJpn1ムードが高まってきました。ここでは南部杯にまつわる思い出ということで、トーホウエンペラーをピックアップして当時のエピソードとともに振り返っていきたいと思います。
CA390127.jpg

 トーホウエンペラーは99年にデビューし、02年まで(実質2000年~02年)現役を過ごしました。これを明かすと自分の年齢がバレてしまいますが、ちょうど高校時代と共に駆け抜けた1頭でした(笑)C級からコツコツと勝ち星を重ね、00年暮れの桐花賞で初の重賞制覇を成し遂げました。個人的にはこのレースをきっかけに彼を追いかけるようになりました。
当時まだオープン入り手前のA2クラスにいたのですが、格上挑戦で地元のマイル重賞・トウケイニセイ記念に出走し2着に食い込みました。そこをステップにつかんだ、岩手版グランプリである桐花賞制覇。デビューから(実質)1年足らずでグランプリを制覇するあたりから「岩手版マンハッタンカフェ」を連想させます。ここを制してから、彼の交流重賞行脚が始まったのです。
 そのクライマックスが、02年の南部杯でした。2着のバンケーティングと共に岩手ワンツーを成し遂げ、感動を呼びました。当時高校3年の僕は、大学受験へ向け摸擬試験や課外授業などで忙しい毎日を送っていました。この岩手競馬史上に残る歴史的快挙は、迫り来る入試へ向け自分を大きく勇気付けてくれました。おかげで、第1志望に合格することもできました。こうして、トーホウエンペラーは自分にとってかけがえのない1頭となりました。
CA390129.jpg

 現在、北海道のアロースタッドで種牡馬生活を送っていますが、早速地元岩手で重賞ウィナー(07年南部駒賞・トーホウノゾミ)を輩出し、今後の産駒の活躍が非常に楽しみになってきました。産駒ではありませんが、同じブライアンズタイムを父に持ち、同じオーナー、同じ厩舎のトーホウライデンが先日行われた地元のトライアル・青藍賞を制しました。地元ファンの間では「トーホウエンペラーの再来」と言われた1頭です。順調であれば今年の南部杯に出走してくると思われます。僕にとっては「青春時代の再来」と言ったところでしょうか(笑)ぜひ注目してください!
 さて、次は我が地方競馬応援ネットワーク「世界への扉、南部杯」へバトンを引き継いでいきたいと思います。皆さん、どうぞご期待ください!

1鞍入魂!ジュニアグランプリ

 今回は1鞍入魂でジュニアグランプリを予想展望します。

◎カミノフジ
○マーチボーイ
▲エイブルインレース
△ワタリシンセイキ

→ややレース間隔は空いたが、デビュー2戦で非凡な能力の片鱗を見せてくれたカミノフジに期待してみたい。初の芝となるが、前走厳しい展開を2着でしのいだマーチボーイの底力がここで炸裂するか?道営エイブルインレースは臨戦過程は万全だが、坂のあるトリッキーな盛岡コースを乗り切れるかどうかがポイント。ダートの特別を連勝してきたワタリシンセイキは、芝適正にやはりクエスチョンマークを付けざるを得ないが、勢いは決して無視できない。

1鞍入魂でトゥインクルレディー賞

 今日はTCKの牝馬重賞・トゥインクルレディー賞をまとめておきます。

◎チヨノドラゴン
○ベルモントノーヴァ
▲トーセンジョウオー
△アストリッド
☆カミノミライ

→今回は格とコースがポイント。例えハイペースになっても、ある程度行き脚があって終いもしっかりしていないとこの広い大井コースは乗りきれない。これは水沢でも同じことが言える。あくまで自分の中ではあるが、枠順や展開の考え方も水沢と大井は似ている。
→チヨノドラゴンを推奨する。叩き2戦目で馬がフレッシュな上に、乗りやすい内枠でハンデも手頃。差しタイプのベルモントノーヴァは道中の捌きがポイント。トーセンジョウオーは大外枠とトップハンデがどう出るか?同厩アストリッドは番手でも折り合えばチャンスが十分にある。カミノミライが最大の惑星。

皆さん最終的には「自己責任」で。

3連休を突っ走るんだ!

 先週の岩手3歳3冠最終戦「不来方賞」は牝馬のピンクゴールドが差し切り勝ちを収めました。戦前は岩手の牡馬3強(リュウノツバサ・ゴールデンクリーク・モエレハナオー)対愛知のノゾミカイザーという形が予想されていましたが、本当に見事な牝馬の勝利でした。これで最優秀3歳馬の行方がますますわからなくなってきましたね。古馬もそうですが、全国区で戦える馬ももちろんのこと、今回の3歳馬のようにある程度のレベルで力が拮抗した上に勝ち馬がコロコロ変わる図式のほうが、競馬がより盛り上がります。みんなにとって「やりがいのある競馬」であることが今は必要だと思います。

 さて、3連休の競馬ですが、まずは土曜日の予想をまとめておきます。また、JRA・エルムSとセントウルSも同様にまとめておきます。

9.13 土曜盛岡
<レシーブの要>
4R 7・ヤマニンエレメント
6R 1・モエレネイティブ

<メインヘナイストス>
9R 盛岡秋まつりレース
◎ 10 ダンストンリアル
○ 4  ジュリア
▲ 9  マツリダブロッコ
△ 2  エアウィード
→前走悲願の重賞制覇を成し遂げたジュリアが人気の中心だが、乗りなれた鞍上に手が戻るダンストンリアルの変わり身に賭けてみたい。マツリダ・エアのベテラン勢も徐々に勢いをつけてきており目が離せない。

<決める!三陸リアス賞>
◎ 2  パラダイスオピウム
○ 1  ジャッキードリーム
▲ 8  シュガーピュア
△ 5  フォーナインミダス
☆ 11 マツリダカレー
→好調馬同士の難解な1戦。近走充実のパラダイスオピウムが軸。テン乗りのジャッキードリームのレース運びに注目してみたい。 鞍上強化のシュガーピュアの変わり身があるかどうか。前走勝ちのフォーナインミダスは道中の位置取りがポイント。惑星は大外マツリダカレー。地元戦で1発あるかも!?

<拾って繋ぐ、エルムステークス>
◎マコトスパルビエロ
○メイショウトウコン
▲フェラーリピサ
△アドマイヤスバル
☆ナナヨーヒマワリ

<拾って繋ぐ、セントウルステークス>
◎カノヤザクラ
○ファイングレイン
▲マルカフェニックス
△ジョリーダンス
☆シンボリグラン

<拾って繋ぐ日曜日、桂樹杯で決める!>
◎ボスアミーゴ
○カネショウエリート
▲タイキランデヴー
△コスモアンファング

イベント告知

 いよいよ秋の盛岡開催がスタートしました。みなさん馬券の調子はいかがでしょうか?開催後半には、世界へ通ずる交流G1「南部杯」が控えています。今シーズン最後の盛岡開催を皆で盛り上げていきましょう!

 ここで皆さんにお知らせです。

 地方競馬応援ネットワークのメンバーで、同じ盛岡を拠点に活動されている「どんだけー!」ブログ管理人のJUNさんから「南部杯直前オフ会」開催の連絡をいただきました。以下に開催要項について掲載しておきます。

(どんだけ~!ブログより抜粋)

日時:2008年10月11日(土)
スタート:19:00ころ~
場所:盛岡市仙北 居酒屋『ちゃぼ』
参加費:3000~3500円
連絡先:hiyokomamepp@yahoo.co.jp

@参加申し込み期限は10月10日(金)18:00です。
@車で来る方はお帰りの際には運転代行を必ずご利用ください。
@当日はゲストも参加予定です。

 なお、参加申し込みの際は上記メールアドレスまでお願いいたします。問い合わせについても同様です。多くの皆さんの参加、お待ちしております。

一鞍入魂!不来方賞

今週はこの1レースに集中します。

◎モエレハナオー
○ゴールデンクリーク
▲ノゾミカイザー
△ピンクゴールド
☆リュウノツバサ
リュウノツバサが乗り変わってどうなるか。ノゾミカイザーの力量比較は難しいが、坂のある左回りの盛岡コースはやや割引と見る。ポイントはその2点。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。