岩手競馬を愉しむブログ【拾って繋いで】

盛岡市在住・てるのアマチュア予想など盛りだくさん!岩手競馬を愉しむB級ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みちのく大賞典のちょっとしたこぼれ話

 ロックハンドスターに注目が集まった、今回のみちのく大賞典。終わってみれば、盛岡が誇る未完の大器・コアレスレーサーがまさに執念の勝利を手にしました。

P1040431.jpg
(このレースに懸けるコアレスレーサー陣営の思いがつかんだ勝利)

 一番印象的だったのは、レーサー陣営の皆さんの嬉しい笑顔でした。インタビューを受ける熊谷調教師や関本騎手の笑顔がとても印象的!

P1040438.jpg
(われわれの想像以上に「打倒!ロックハンドスター」の思いが強かったんですね)

 これに対し、2着のゴールドマイン・斉藤騎手は悔しそうな表情。それでも、盛岡勢の1-2フィニッシュには嬉しさもチラリ。写真に収められなかったのが残念です!(笑)


 少し気がかりなのは、ロックハンドスターの負け方。いったいどうしたのでしょうか。ゲートを出てからの行きっぷりが前走同様もっさりした感じになり、3コーナーから終いまで、いつもの爆発力が見られませんでした。コスモバルク記念では斤量が堪えたというコメントが出ていますが、今回は1キロしか違わないので、やはり前回も今回も、悔しいですがこれが現状の力かなと個人的には思います。ここからの巻き返しに是非期待したいと思います。

<おまけの1枚>
P1040428.jpg
装鞍所で少しお手伝い?のサクラアーバン・野坂厩務員
もとい、いわて馬テシオの野坂TM。
 
スポンサーサイト

拾ってつなぎ、そして決める!みちのく大賞典

◎ロックハンドスター
○コアレスレーサー
▲マイネルプロートス
△サクラマジェスティ
△ゴールドマイン
△ワイルドキャット
→好メンバーの一戦。ロックハンドスター優位は揺るがない。意欲的な攻め馬のコアレスレーサーが相手筆頭。トライアル勝ち馬マイネルプロートス等が続く。

芝のオープン特別を中心に!土曜盛岡

 開幕から1ヶ月が経ちました。特に古馬C級戦では連闘や中1週とレース間隔を詰めて使っている馬がほとんどで、開幕ダッシュに成功した馬たちが徐々に疲れを見せ始めている印象を受けます。新聞だけでなく、パドックもある程度注目する必要があるでしょう。個人的には、後ろ足(トモ)の運びがシャキっとしている馬を追いかけてみたいと思います。

【レシーブの要】
1R 2ゴールドテーストに注目
買い目:2・3・5・6・8ボックス
(馬単20点 3連単60点)

5R 6パークセラビイ・1ミサワルートが中心
買い目:1・3・5・6・9ボックス
(馬単20点・3連単60点)

【ナイストス】
9R
◎8ブライティアターフ
○4ワタリタケノハナ
▲6マイネルフランク
△5サダムカイザー
△1フジミノブ
買い目は3連単フォーメーション
4・6・8
  ↓
4・5・6・8
  ↓
1・4・5・6・8
(27点)

【決める!かきつばた賞】
10R
◎2ドリームスナイパー
○6ボスアミーゴ
▲7サトノスローン
△5サウンドサンデー
△8マルブツコンバット
注3ブライティアピア
 1ダンストンリアル
→少々欲張りな予想となってしまった。ここは距離適性と好枠(内がよく伸びる馬場状態も好材料)でドリームスナイパーの突き抜けに期待。逆転筆頭は芝のスペシャリスト・ボスアミーゴ。ズブさは逆に長距離戦で活きる。穴はサトノスローン。ウッドマン×ダンジグでは長距離戦のイメージは持ちにくいが、JRA障害実績からも決して侮ってはいけない。前走で復調気配のサウンドサンデーだが、あくまでマイルの勝ち鞍。休み明け2戦目のマルブツコンバットの変わり身はワイド要員まで。初コース・ブライティアピアは未知の魅力。連勝中ダンストンリアルは、この条件が苦しい。

買い目は
3連複ボックスで
2・3・5・6・7・8
(20点)

3連単フォーメーションで
2・6・7
  ↓
2・3・5・6・7・8
  ↓
2・3・5・6・7・8
(60点)


 

拾って繋ぎ、そして決める!おらほのダービー

 岩手の星、ロックハンドスターのダービー制覇から1年。今年も岩手に新星が登場した。その名もご存知ベストマイヒーロー。ロックハンドスターと同じ厩舎、馬主、鞍上とまさに弟分のような存在。しかし実力はロックを凌駕するとも言われるようになりつつある。先月のコスモバルク記念前のロックの追い切りのパートナーはベストマイヒーロー。強めに追うロックを横目に馬なりで併走。これには驚いた。3歳春の時点で、古馬のエース格と対等に攻め馬が出来る馬が、かつてどれほどいただろうか。実力はロック先輩のお墨付きだ。

◎10ベストマイヒーロー
○9トーホクスピリット
▲7ドキドキ
△4ヤマトスバル
△2スパルタン

 ベストマイヒーローの単不動。アクシデントが起こらない限りは勝ち方に注目してよいだろう。2番手は「東北魂」トーホクスピリット。追い切りで好時計をマークした。続いてドキドキ。前2走の内容が何とも歯がゆいが、叩き3走目の今回は走り時か。トライアル2着のヤマトスバル。前走は展開が向いた。今回も楽に流れに乗れるかがポイント。スパルタンは時計比較の限りでは流れ込みも十分考えられる。

買い目は3連単フォーメーションで
10

2・4・7・9

2・4・7・9
(計12点)

岩手ダービー前日、日曜盛岡予想

 岩手ダービー・ダイヤモンドカップ前日の明日の盛岡。本番に向け景気付けておきたいところ。取り急ぎ予想をまとめておきます。

【レシーブの要】
1R・6ディテール
→単勝1点
2R・2アーサガーベラ 3デポジットブック 7サクラケルピー
→馬単ボックス6点、3連単ボックス6点の計12点
3R・9アクセルファイヤー
→単勝1点
4R・7ダンストンジール
→単勝1点

【ナイストス】
9R
◎3ヘブンオンマッハ
○1ティアラグラマラス
▲5セイントフェアリー
△7ワタリハヤタケ
△10ライジングヤマト
→激戦必死。シーズン初戦となるが、乗り込み十分のヘブンオンマッハの鉄砲駆けに期待。

買い目は3連単フォーメーションで
1・3・5
  ↓
1・3・5・7・10
  ↓
1・3・5・7・10
(計36点)

3連複・ワイドボックス
1・3・5・7・10
(各10点)

【決める!メインレース】
10R・ねむの木賞 B1特別
◎10オウシュウサンクス
○9バラディー
▲3キャニオンルナ
△4オンワードアコール
△5モエレハナオー
→追い切り1番時計のオウシュウサンクス。反撃体勢は整った。相手筆頭は充実一途のバラディー。3番手評価は上昇度を買ってキャニオンルナを指名。オンワードアコールは道中の位置取りがポイント。モエレハナオーはテン乗りの鞍上・菅原俊吏騎手がどう立ち回るか。

買い目は当たりパンク覚悟の3連単ボックスで
3・4・5・9・10
(計60点)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。