岩手競馬を愉しむブログ【拾って繋いで】

盛岡市在住・てるのアマチュア予想など盛りだくさん!岩手競馬を愉しむB級ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C級を制するものは、岩手競馬を制する(16)

カミノヌヴォー@不来方賞

不来方口取り
(写真:てる@拾って繋いで)

 月曜日、盛岡競馬場ではちょっと遅めの3歳クラシック第2弾の「不来方(こずかた)賞」が行われました。エース格のベストマイヒーローが脚部不安で休養(おそらく年内いっぱい)する模様となり、混戦が予想されましたが、終わってみれば南関東から帰ってきたカミノヌヴォーが圧勝。激しい競馬で知られる南関東のC級で揉まれた経験が活きました。3着には、岩手のC級を勝ち上がってきたニシノエックスが入りました。来月のダービーグランプリで他地区からどんな強豪が来るか、まだわかりませんが、地元岩手勢もベストマイヒーローこそ不在ですが、是非地元の意地を見せて欲しいものです。

 もうすぐ10月が終わります。震災の影響で長期開催となった盛岡での競馬も、今シーズンあと1ヶ月強となりました。同時に水沢の復活開催も徐々に近づいてきました。11月の盛岡は重賞レースが目白押し。11/6はステイヤーナンバーワン決定戦・伝統の「北上川大賞典」、11/13は2歳ダートナンバーワン決定戦の「南部駒賞」、そして11/21は3歳3冠最終戦にして地方全国交流の「ダービーグランプリ」と3週連続で行われます。どのクラスでも見どころ満載の岩手競馬ですので、是非皆さん、100円からでいいので馬券を買って競馬を愉しんでください。

<今回見つけた上昇C級馬>
①ホッコーハルマ(牡3 盛岡・櫻田浩三厩舎)
→10/23・8Rで豪快な勝ちっぷりを見せてくれた。時計も優秀で、1400mを良馬場で1分26秒7。某トラックマンをして「現C級の中では一番強いと思うよ」と言わしめた1頭。今後の成長が楽しみだ。

②ブライティアアネル(牝3 盛岡・熊谷昇厩舎)
→10/24・3Rで勝利。骨っぽいC1戦を突破できるかどうか。

③セイントフェアリー(牝3 水沢・鈴木七郎厩舎)
→10/24・6Rで勝利。時計的にまだまだだが、岩手生え抜きの1頭として応援したい。デビュー当初は認定も取れず、苦しいレースが続いたが、今年に入り、堅実な走りで徐々に力をつけてきた。
スポンサーサイト

10/23 日曜盛岡

<レシーブの要>
3R・4クールダンス

<C級を制するものは、岩手競馬を制する①>
8R メルシャン・フランスワイン賞C1八組
◎1ホッコーハルマ
○6シルクメディエイト
▲2ベル
△3チャーガンジュウ
△4タケデンブラウン
☆7ケイビイスペンサー
→これまでC級コラムで取り上げた馬たちが多数参戦!

※買い目は強気に3連単フォーメーションで
1・2・6
  ↓
1・2・6
  ↓
1・2・3・4・6・7
(24点)

<C級を制するものは、岩手競馬を制する②>
9R FIRE挽きたて微糖賞C1四組
◎8パークセラピイ
○3リベラルウエイ
▲1エイシンウルフオー
△4シュロ
△6マルショウカザン

※買い目は枠複8から総流し(8点)

<拾ってつなぎ、そして決める!OROターフスプリント>
10R OROターフスプリント
◎1リュウノツバサ
○4ディーエスファジー
▲9ラブミープラチナ
△7ビュレットライナー
△10ゲンパチオブラブ
☆5リリーレインボー
→最内枠を利してリュウノツバサに期待。鞍上・菅原俊吏ジョッキーは盛岡芝には定評があり、その巧みなコーナーワークで突き抜ける。亡きロックハンドスターと共に、再起の勝利をあげたい。相手筆頭は不動でディーエスファジー。同条件の盛岡芝1000メートルを連勝。勢いが違う。単穴評価は3歳の代表ラブミープラチナ。高い芝適正は疑う余地なし。ビュレットライナーは連下評価となったが、一連の成績から馬券圏内には間違いなく候補になる。差しタイプのゲンパチオブラブは、包まれない外枠はむしろ歓迎かも。惑星は初芝リリーレインボー。

※買い目は枠複1・4・5・7・8ボックスと7-7、8-8(12点)

<C級を制するものは、岩手競馬を制する③>
11R 小岩井ひとくちスモークチーズ賞C1三組
◎6メリーポピンズ
○5セイントビーナス
▲2カゼノルビー
△7ノーティーズファン
△9ヒビキクエスト

※買い目は馬複2・5・6・7・9ボックス(10点)


<拾ってつなぎ、そして決める!菊花賞>
JRA京都 菊花賞
◎14オルフェーヴル
○17フレールジャック
▲13ウインバリアシオン
△16ダノンマックイン
→オルフェーヴル、三冠へ視界良好。相手はシンプルに3頭

※買い目は枠連7ながし-7・8(2点)

10/22 土曜盛岡

<レシーブの要>
6R・4シルクフィリア
7R・8ロードクリスタル

<ナイストス>
9R 奥州市伝統産業会館レースC1九組
◎9ホッカイナシュア
○3ブロンドレーン
▲1キミハブレイク
△5キラキラレグルス
△10コアレスミラクル

※買い目は枠複1・3・5・8ボックスと8-8(7点)

<決める!メインレース>
10R 後藤新平記念館レースA二組
◎7ブライティアピア
○1ファンタジックキー
▲4マルブツワイルド
△6ツルマルヤマト

※買い目は枠複1・4・6・7ボックス(6点)

<C級を制するものは、岩手競馬を制する>
11R 明治記念館レースC1五組
◎6コスモマーシャル
○2センターゲイル
▲3ワタリタケノハナ
△9フェロマッキニイ
△10ユキマツリ
☆1トウショウグローズ

※買い目は枠複1・2・3・6・8ボックスと8-8(11点)

C級を制するものは、岩手競馬を制する(15)

 春~夏シーズンに取り上げた上昇C級馬がB級に昇級し、更に力をつけてきているようです。7月から注目のラブルビー10/16のオクトーバーカップを完勝。B2の特別戦、しかも1800メートルをキッチリこなし、力が順調についてきているようです。しかし個人的には、1200~1600の短いところの方が向いているのかなという印象です。長いところでももう少し時計が詰められれば面白い存在になると思います。JRAから再転入後9連勝を達成し、いよいよB1、そしてオープン入りへ、C級コラム筆者としては期待が高まる一方です。年末のグランプリ・桐花賞のファン投票候補として、是非皆さん検討してみてはいかがでしょうか。文字通り「C級を制する者は、岩手競馬を制する」を、体現できるかどうか、今後の動向が楽しみな1頭です。

<今回見つけた上昇C級+頑張るロック世代>
①サクラミストラル(牝3 盛岡・平澤芳三厩舎)
→10/8、10/15と連闘ながら力強い競馬で2連勝。まだC2中位だが、上位組とも十分戦える力を持った1頭。これまで、バンチャンプ・バンケーティング・マイネルティーダなど、粘り強い走りで競馬場を沸かせた名馬を手がけた名門・平澤厩舎の看板ホースになれるか注目したい。

②ローズウィルドゥ(牝3 水沢・佐藤雅彦厩舎)
→岩手転入後、掲示板を外さない堅実な走りで、じわじわ力をつけてきている。10/16に僅差での勝利を収めたが、走破時計の1分27秒0(1400m・不良)は自己ベスト。C2上位、C1と、出世街道を進めるかどうか注目したい。

③シャイニーハリアー(牡4 盛岡・熊谷昇厩舎)
→ロックハンドスター世代の4歳馬が、10/17のJRA交流・フレンドリーカップ「シリウス賞」でJRA勢をねじ伏せ快勝。岩手のファンにとって嬉しい1勝となった。亡きロックの分も・・・同期生が頑張っている。

10/14 土曜盛岡

<レシーブの要>
6R・9フェルマグリオ
7R・4ルクールロゼ

<C級卒業生もお見逃しなく>
8R B2四組
◎1マアーラウ
○2ハセノヒマワリ
▲5ダーリングオー
△4シルキーフェザント
△7アルディ
※買い目は馬複1ながし-2・4・5・7(4点)

<ナイストス>
9R 奥州市消防記念館レースB2三組
◎2シュヤク
○8キタサンアイドル
▲9アポロパトリオット
△6サクラエルセダン
△4マイネアイーダ
※買い目は枠複2・4・6・8ボックスと8-8(7点)

<決める!メインレース>
10R 高野長英記念館レースB1二組B2一組混合
◎1バラディー
○3バルク
▲6タカラムーン
△2ストリートダンス
※買い目は枠複1・2・3・6ボックス(6点)

<最終でナイスブロック>
11R 衣川歴史ふれあい館レースB2
◎10ピカソ
○3コンバットジェット
▲9リキアイタイリン
△2シャイニーサンデー
△7レディージャスミン
※買い目は枠複8ながし-2・3・7・8(4点)

C級を制するものは、岩手競馬を制する(14)

 南部杯デーが終わりました。姉妹関係にある盛岡競馬場と東京競馬場で様々な催しが行われ、最高の盛り上がりを見せてくれました。盛岡競馬場では、東北出身のジョッキーによる「東北ジョッキーズカップ」や、地方全国交流重賞の「絆カップ」が行われ、全国各地の人馬が集まり、熱いレースが展開されました。改めて、地方競馬の力を感じる有意義な1日になりました。また、東京競馬場では「南部杯」をはじめ、熱戦が展開されました。馬券の売り上げも好調だったようです。

 しかし残念なニュースも入ってきました。我らが岩手の星・ロックハンドスターは東京競馬場の南部杯に出走し、スタート直後に故障のため競走中止、そのまま予後不良となってしまいました。地元・岩手ではファンの多い1頭ですし、私も応援していたファンの一人でもあります。競馬にはつきもののこととはいえ、非常に残念な思いがしてなりません。その中で、ブログやSNS等ネットの各方面で、ロックハンドスターに関する思いやコメントを目にしました。様々な見方、考え方がありますが、これからも競馬は続いていきます。今回の南部杯が、岩手競馬を知るきっかけになったファンの方も多くいるかと思います。JRAや他地区の地方競馬をメインに愉しんでいるファンの方でも、今後も岩手の馬券を買って盛り上げて欲しいと願っています。その一助になれるよう、私も出来る範囲ではありますが、このコラムを通して、岩手で頑張っている馬たちを紹介し続けていきたいと思います。

rock101231.jpg
2010年大晦日 岩手版グランプリ「桐花賞」のロックハンドスター
(画像提供:ケイシュウNEWS)

<ロックの分も!今回見つけた「頑張る岩手の馬たち」>
①コアレスレーサー(牡7 盛岡・熊谷昇厩舎)
→盛岡の絶対的エース。今年6月の「みちのく大賞典」を好タイムで制し、岩手総大将としてマーキュリーCへ向かう予定だったが、追い切り後に脚部不安が見つかり、残念ながら出走回避となった。この夏は休養にあて、そろそろ復帰となりそうだ。

②カミノヌヴォー(牡3 水沢・千葉幸喜厩舎)
→昨年岩手でデビューし、2歳戦線を大いに盛り上げた1頭。今年に入り、南関東に移籍し、C1のマイル戦で2勝をマークし、再度岩手に復帰した。復帰初戦(古馬A級戦)を好タイムで圧勝し、ダービーグランプリ前の3歳重賞「不来方(こずかた)賞」に向かう。ここではベストマイヒーローの登録はないが、再戦が待ち遠しい。

③ベストマイヒーロー(牡3 水沢・瀬戸幸一厩舎)
→岩手3歳のエース。ロックハンドスターのスパーリングパートナーでもある。夏の大井・黒潮盃以来、レースに使われていないが、復帰が待たれる1頭。偉大な先輩の分も頑張って欲しい。

0429外がロックハンドスター
外・ロックハンドスターと内・ベストマイヒーローの併せ馬
(画像提供:ケイシュウNEWS)

10/10 東北ジョッキーズカップ&絆カップ

<C級を制する者は、岩手競馬を制する>
9R 東北ジョッキーズカップ第一戦
◎5ワタリハヤタケ
○3ダンストンジール
▲12ヤマニンワーシップ
△2トウカイイーグル
△7サクラケルピー

※買い目は馬複2・3・5・7・12のボックス(10点)

10R 東北ジョッキーズカップ第一戦
◎3シャトーフジ
○12マイネルフューラー
▲1ゲンパチドリーム
△10サマーブルーヘブン
☆2フォワードダンサー

※買い目は馬複1・2・3・10・12のボックス(10点)

<拾って繋ぎ、そして決める!絆カップ>
11R 絆カップ
◎8マイネルプロートス
○11リュウノボーイ
▲4タイセイアドミラル
△5ファーストメジャー
△1テイエムカゲムシャ
☆6マイネルビスタ

※買い目は馬複1・4・5・6・8・11のボックス(15点)

10/10 南部杯予想

 10月10日、最高の盛り上げを見せるであろう南部杯デーを制します。

<拾って繋ぎ、そして決める!南部杯>
 今年は東京競馬場で行われる南部杯。通常は開催日でない月曜日を使って、岩手のために目一杯競馬を盛り上げてくれるJRAの心意気への感謝とともに。

◎15ボレアス
○11トランセンド
▲7エスポワールシチー
△5ランフォルセ
△6ダノンカモン
☆9オーロマイスター
 10ゴールドマイン
 13ロックハンドスター
→前走レパードSを快勝、3歳馬ボレアスの上昇度に期待したい。相手筆頭、ここは不動でトランセンド。ドバイからの休み明けとなるが、どこまで仕上がっているか。昨年まさかの敗戦を喫したエスポワールシチー。南部杯の借りは、舞台は違えど南部杯で返したいところ。今年、重賞ウィナーの仲間入りを果たしたランフォルセ、オープン特別・重賞の安定勢力ダノンカモンと続く。惑星で、話題のオーロマイスター。

※買い目は枠連フォーメーションで、6・8-3・4・5・6・8(8点) 

 そして、我らが岩手からはエース格の2頭がエントリー。盛岡の総大将・ゴールドマイン(鞍上・斉藤雄一)と岩手の星・ロックハンドスター(鞍上・菅原俊吏)。少々余談になるが馬ももちろんだが、鞍上にご注目いただきたい。斉藤雄一・菅原俊吏は今乗れている若手のリーダー的存在。世代交代の波がすぐそこまで押し寄せてきているので、今後注目していただきたい。

10/8 土曜盛岡

 すみません、しばらく予想をお休みしていました。今週から気を取り直して、キッチリ馬券の取れる予想を目指していきたいと思います。

<レシーブの要!特選C2級馬>
5R:6サクラミストラル 
7R:4メリーハート
8R:4ホッカイナシュア

<C級を制するものは、岩手競馬を制する>
9R 千年樹 筏の大杉レースC1四組(ダート1400m)
◎6ダンディキング
○1コスモマーシャル
▲9センターゲイル
△5シルクアヴァロン
△7レッドウッド
☆2トウショウグローズ
→非常に難解な1戦。ここは手広く攻めて、キッチリ取り切りたいところ。ダンディキングの久々の勝ち星に期待したい。涼しくなった時期に良績もあり、ここは強気に推してみたい。対抗はコスモマーシャル。テン乗り山本政ジョッキーで変わり身に期待。一発があるならセンターゲイル。シルクアヴァロン、レッドウッドと続く。トウショウグローズは内田ジョッキーの推進力でどこまで上昇できるか注目したい。

※買い目は馬複ボックスで1・2・5・6・7・9(15点)

<決める!メインレース>
10R 保呂羽山霜月神楽レースA三組B1一組混合(ダート1600m)
◎5オウシュウサンクス
○2ファンタジックキー
▲該当馬なし
△4サクラアーバン
△3ケイジーウォリア
→オウシュウサンクスが中心。相手探しがポイントで、ここは順に2・4・3.

※買い目は枠複5-2・3・4(3点)

<最終のC1も制する!>
11R 秋田県種苗交換会レースC1三組(ダート1400m)
◎5コスモティーピー
○7ベルモントビクター
▲9マルショウカザン
△1ヒビキクエスト
△2ヒロノペニー
→時計比較からコスモティーピー一歩リードと見る。テン乗り大坪ジョッキーがポイントのベルモントビクターが相手筆頭。馬場が軽ければマルショウカザンに逆転のチャンスが浮上する。以下、ヒビキクエスト、ヒロノペニーまで。

※買い目は枠複5から総流し(7点)

C級を制するものは、岩手競馬を制する(13)

 いよいよ南部杯が目前に迫ってまいりました。今年は東京競馬場での開催となりますが、岩手からロックハンドスター・ゴールドマインが参戦することになり、また中央勢もドバイワールドカップ2着のトランセンドを筆頭にダートのエース級が集う非常に豪華な1戦となりそうです。府中のみならず、全国の競馬場が東日本大震災からの復興を祈願し、様々な形で競馬を盛り上げていきます。自分も含め、一人でも多くの皆さんに、馬券を買っていただき、競馬に参加して欲しいものです。

 南部杯当日、盛岡競馬場では新設重賞の「絆カップ」が行われます。また、騎手対抗戦「東北ジョッキーズカップ」も予定されています。こちらは、C1の特別戦で、馬券的に難解なレースになると予想されます。南部杯や絆カップに負けない、熱いレースになること間違いなし!C級のこのレースを制して、南部杯ウィークの岩手競馬を制しましょう!

<今回見つけた上昇C級馬>
①ワタリハヤタケ(牡3 水沢・板垣吉則厩舎)
→前走は殿負けを喫したが、これはテンで行き過ぎ。もともとは3歳B1で勝ち鞍のある馬。今週末出走すれば見直してみたい。

②ファイヤーライン(牡4 水沢・石川栄厩舎)
→今シーズン、C2で安定した成績をあげ、C1に昇級。出走してくれば面白い1頭。

③シャトーフジ(牝3 盛岡・城地俊光厩舎)
→3歳牝馬クラシック路線に乗った1頭。前走、古馬編入初戦で3着。次走への上積みが大いに期待できる。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。