岩手競馬を愉しむブログ【拾って繋いで】

盛岡市在住・てるのアマチュア予想など盛りだくさん!岩手競馬を愉しむB級ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ちょいコラム】アクション

 岩手競馬を愉しんでいらっしゃる方々の中に、このブログをご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。正直規模はわかりませんが、少しでも多くの方にこのコラムを読んでいただきたいと思い、書きたいと思います。

 8月の北海道遠征を機に、本気で岩手競馬を盛り上げなくてはいけないという気持ちになりました。たしかに、ウマウマ生活や勝ちそーの皆さんが精力的に盛り上げてくださっています。時にはわれわれブロガーの活動も気にかけてくださり、いつもありがたく思っています。しかし、テレビや対外的な動きが増え、勝ちそーファイナルチェックが放送席からの形式になり、場内にいるファンとの距離ができつつあるのもまた事実です。(もちろん、対外的な動きも必要であることは言うまでもありません)パドックやその周辺でファイナルチェックを気にかける人達は、正直あまりいないように感じます。ですから、場内の活性化が必要だと考えたのです。

 そして、少し偉そうに聞こえるかもしれませんが、ファンの意識も変えたかったのです。場内がつまらないとか、活気がないとか、そういった声をこれまで多く聞きました。しかし、その状況を作り出してしまったのは、果たして関係者「だけ」のせいでしょうか。私は違うと思います。嘆いてるだけのファンにも責任が少なからずあります。ファン組織は、何のためにあるのでしょうか。岩手競馬・みんなで応援ネットワーク(旧サポーターズネット)は、何のために旗揚げされたのでしょうか。これまで通りの体制では、何も変わりません。誰かが行動を起こさなくては、本当に岩手競馬が無くなってしまうという強い危機感さえ感じました。

 批判を覚悟で書きます。もう組合やメディアを頼るだけでは、何も変わりません。その時代は終わりました。ファンが組合に提言するだけの時代も終わりました。提言するだけでは、変わらない現実を認識してください。それが現実なのです。改めて言いましょう。これからは、「ファンが主体」となって盛り上げていく仕組みを早急に作っていかなくてはなりません。幸運にも、賛同してくださる仲間に出会うことができました。その思いから、今回「いわて競馬をなんとかし隊」を旗揚げします。

 詳細はおそらく今週末あたりには発表できる見通しです。ここで皆さんに向け強調しておきたいのは、決して組合やメディア、関係者に対して、批判的な態度をとっているわけではないということです。われわれがこうして競馬を愉しむことが出来るのは、こうした多くの関係者、そして何より競走馬たちが支えてくださっていることを絶対に忘れてはなりません。感謝の気持ちを忘れてはなりません。先に盛り上がりに欠ける原因はファンにあるとしたのは、そういった意識がどこか欠けているのではないかと感じたからです。

 この旗揚げの最終目標は「岩手競馬の活性化」ではありません。

 「岩手競馬の活性化」を通して「地元の活性化」につなげていくことです。

 みなさん、岩手競馬を、そして岩手をわれわれの手で元気にしていこうではありませんか。
 多くの方々に賛同いただけることを願っております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teruprivate.blog48.fc2.com/tb.php/168-5cbfb3f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。