岩手競馬を愉しむブログ【拾って繋いで】

盛岡市在住・てるのアマチュア予想など盛りだくさん!岩手競馬を愉しむB級ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C級を制する者は、岩手競馬を制する(5)

 いよいよクラスターCウィークがやってきます。真夏の電撃6ハロン戦、交流重賞ですし、熱い戦いを期待したいところです。それに匹敵・・・いや、それ以上に盛り上がるかもしれないレースが当日2鞍組まれています。
 既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、「東日本大震災復興祈念 JRA vs 岩手競馬」という特別競走で、JRAと岩手からそれぞれ7名のジョッキーがチーム戦で腕を競います。
 そして何より注目したいのは、このコラムでも取り上げている「C1マイル戦」だということ。しかもフルゲートの14頭立てになれば、馬券的にも非常に魅力的になりますし、まさに競馬をする側・予想する側・馬券を買うファンの側にとっても総合力が問われるレースになります。このレースを制して、真夏の岩手競馬を盛り上げていきましょう。枠順が確定次第、予想に取り掛かりたいと思います。

<今回見つけた上昇C級馬>
①カゼノルビー(牝4 水沢・佐藤晴記厩舎)
→8/7の2Rで圧勝劇。400キロに満たない小柄な馬だが、その素軽いフットワークで、ここから連勝と行きたい。

②ナイスアカシア(牝6 盛岡・平澤芳三厩舎)
→8/6の6Rで波乱を演出。およそ1年3ヶ月ぶりの勝利となった。勝ちタイムの1分15秒0(良)はこの日の1番時計。数少ない岩手県産馬として応援したい1頭。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。