岩手競馬を愉しむブログ【拾って繋いで】

盛岡市在住・てるのアマチュア予想など盛りだくさん!岩手競馬を愉しむB級ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C級を制するものは、岩手競馬を制する(19)

 先週は都合によりお休みさせていただきました。申し訳ありません。

 さて、今シーズンの盛岡開催も残りわずかとなりました。先日行われた「ダービーグランプリ」では、地元・水沢のカミノヌヴォーが見事な勝利を収めてくれました。南関東のC級で揉まれてきたことが良かったのでしょうか、まさにC級を制して岩手競馬を制してくれました。このカミノヌヴォー、2歳の時も何度か見たことがありましたが、当時の競馬を見る限り、長いところよりも短めがいいのかなという印象を受けていましたので、この2000メートルの舞台で不来方賞に続き連勝したというのは、いい意味での驚きでした。これで、現時点での岩手3歳のエースに上り詰めました。あとは、今後復帰してくるであろうベストマイヒーローとのリベンジマッチが待たれます。そして、古馬との戦いも待っています。また一つ、楽しみが出来てきました。

<冬の水沢開催に向け、注目しておきたい上昇C級馬>
①チェリッシュライン(牝3 水沢・村上昌幸厩舎)
→岩手転入後(1-1-1-0)と、安定した走りを見せてくれている。中央時代に、夏の札幌未勝利戦で2着があり、洋芝をこなすところからパワーはありそうに見える。右回りの水沢に転じてからの変わり身に期待したい。

②チャーピーチット(牝3 水沢・村上実厩舎)
→中央、道営を経て岩手へ転入。初戦を見事に快勝した。右回り、水が浮いた高速馬場への対応も良さそうに見える。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。