岩手競馬を愉しむブログ【拾って繋いで】

盛岡市在住・てるのアマチュア予想など盛りだくさん!岩手競馬を愉しむB級ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C級を制するものは、岩手競馬を制する(21)

 いよいよ今週末から水沢開催がスタートします。超ロングラン開催だった盛岡からのコース変わりで、どんなレースが見られるのか、馬券を買う側にとっては頭を悩ませることと思います。それでも、このC級コラムでは、特にC級のレースでは馬券を取って競馬を目一杯愉しんでいきたいところ。今回は開幕直前でもありますので、私なりの水沢コースの攻め方をお伝えしたいと思います。

 私が考えるに、ポイントは次の3つです。
1・850m以外は、少なくともコーナーが4つ(トラックを1周以上)
2・小回りで内有利も、馬場状態や包まれる展開次第では外も軽視できない。
3・輸送の無くなる水沢勢の巻き返しがどこまで。

 1に関しては、特に1400m戦では、ほぼイーブンと見ていいと思います。2に関しては、内・先行有利は盛岡に比べれば大きいことは事実ですが、冬場はマクりの競馬も決まりやすい傾向があるので、レース展開を良く見極める必要があります。3ですが、ここまで盛岡勢が台頭してきましたが、コース変わりでどこまで勢力図が変わって行くのか、この開催最大のポイントとみていいと思います。ネットや場外等で愉しむファンの皆様には、なかなか盛岡・水沢の所属の違いが伝わりにくい部分がありますので、公式HPや専門紙等で確認いただきたいです。こちらのコラムでも、適宜お伝えしていきたいと思います。

<今週からリニューアル!今週追いかけてみたい、特選C級馬>
12/10 
5R 3ヤマニンバルーシュ
→菅原俊吏騎手のテクニックとともに。

6R 10ヴィグラスハンター
→包まれない外枠はむしろプラス。

12/11
3R 3クールダンス
→コース変わりでの変わり身に期待。 
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。