岩手競馬を愉しむブログ【拾って繋いで】

盛岡市在住・てるのアマチュア予想など盛りだくさん!岩手競馬を愉しむB級ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C級を制するものは、岩手競馬を制する(25)

 久々の投稿となります。皆さん大変ご無沙汰しておりました。4月になり、いよいよ2012シーズンの岩手競馬が開幕します。筆者自身も、およそ2ヶ月の休養を経て、新たな気持ちで、競馬の面白いところを探していきたいと思います。
 さて、第1回水沢競馬(詳細はHP参照願います)の出走申し込み馬が発表になりました。岩手がオフの間、他地区に移籍して競馬に使われていた馬、休養していた馬、あるいは、厩舎が変わった馬など、過ごし方に違いが見えます。格付けも見直されたことから、この1回水沢は、馬券的に難解なレースになることが予想されます。それゆえ、単純な時計比較ではなく、追い切りの時計や当日の気配を視野に入れながら、最小失点で切り抜ける馬券戦術を心がけていきたいものです。

<この開催で追いかけてみたいC級馬>
1.センターゲイル(牡6 盛岡・小西重征厩舎)
→昨年大晦日のC1一般戦で波乱を演出。引き続きC1格付となり、注目してみたい1頭。
2.サクラアーバン(牝9 水沢・佐藤浩一厩舎)
→昨シーズン、岩手では当初オープンを走っていたが、終盤はB1に降級。その後、名古屋でA級を使われ、岩手に戻りC1からの再出発となった。年齢的に上積みはあまり期待できないかもしれないが、再起に期待したい。
3.ヤマトスピリット(牡10 水沢・新田守厩舎)
→昨シーズンはホッカイドウ競馬のA級を走っていたが、目立った成績をあげることが出来なかった。古巣の岩手に戻り、C1からの再出発となった。こちらも再起に期待したい。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。