岩手競馬を愉しむブログ【拾って繋いで】

盛岡市在住・てるのアマチュア予想など盛りだくさん!岩手競馬を愉しむB級ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リレーリポート<岩手ダービー・ダイヤモンドカップ>

 ダービーウィーク第2弾、岩手ダービー・ダイヤモンドカップが盛岡競馬場で行われました。昨日とはうって変わり、「晴れ・良馬場」のコンディションの中、競馬が行われました。レースはゴールデンクリークが見事激戦を制し、岩手ダービー馬に輝きました。皆さんの予想の結果は、いかがでしたか?
ゴールデンクリーク
レース結果はこちら

<レース回顧>
ゴール前
 当初逃げると思われたエイプリルボーイが先行できず、ゴールデンクリークがハナに立つ展開に。モエレハナオーが2番手につけ、2冠を目指すリュウノツバサが3番手。4コーナーから直線は3頭のマッチレースとなり、直線半ばではゴールデンクリークとモエレハナオーの一騎打ち。最後はゴールデンクリークがハナ差凌ぎ切る結果に終わりました。

岩手競馬公式HPでのレース回顧はこちらから 



<勝利ジョッキー・板垣騎手インタビュー>
板垣騎手
板垣騎手:まさか自分が逃げるとは思わなかった。後で他の馬が上がってきてハナに立つかと思ったけれど来なかった。最後の直線で、追い比べになったのは良かった。

<岩手競馬マガジン「テシオ」・松尾編集長インタビュー>
テシオ松尾編集長と
松尾編集長:まずエイプリルボーイが逃げられなかったことで、レースの流れが変わった。ゴールデンクリークが力でねじ伏せる競馬を見せてくれた。2000メートルの距離と盛岡コースが合ったのかもしれない。ただ、まだ遊びながら走ってる印象を受けるので、まだまだ成長する余地はありそう。もっと厳しい展開になった時が楽しみ。現時点では、交流重賞に挑むにはまだ力が足りない。

<旅打ちライター・井上オークスさんインタビュー>
井上オークスさんと
オークスさん:トレジャースマイルと同じ厩舎、同じ騎手でダービーを勝てたのが良かった。ゴールデンクリークが逃げる展開になったのは意外だった。(ダービーWEEKの魅力について尋ねると・・・)その日1日だけじゃなく、長く楽しめるところがいい。ダービーWEEKで活躍した馬たちが、古馬になっても頑張っているので、今年も、ここで好走した馬たちには注目していきたい。

 なお、今回のレースの模様について、テシオブログ岩手競馬サポーターズネットなどでも、後ほどアップされると思いますので、そちらも参考にしてみてください。



<8R・JRA交流アメジスト賞写真集>
DSCF2784.jpg
パドック裏の装鞍所

DSCF2803.jpg
バチェラーと福永騎手

DSCF2806.jpg
ツヨガリと菅原勲騎手

DSCF2811.jpg
勝利ジョッキーと厩務員の表彰式

<おまけ>
DSCF2814.jpg
ダイヤモンドカップ、レース前のトークショー




<編集後記>
6月2日ケイシュウ
(今日使った新聞と報道バッジ)

 今回のリポート作成に当たり、「地方競馬応援ネットワーク」の趣旨を関係者に話したところ、県競馬組合やテシオ編集部から賛同を頂きました。組合の対応の早さにはいい意味で驚かされました。いちファンである自分に対しても、「岩手競馬をPRするためならば・・・」ということで、記者と同じ報道バッジを交付して、取材を全面的にサポートしてくださいました。このリポートを作ることが出来たのも、岩手競馬を支える皆さんのおかげです。この場をお借りして・・・本当にありがとうございました。
 さて、明日は旭川で北海優駿です。白熱したレースになることを期待して、このリポートを閉じたいと思います。北海道の皆さん、熱いリポート、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。